選挙

選挙の投票に関する合成の誤謬と個人的なスタンス(追記あり)

posted in 04:03 2009年08月30日 by 涼微
Comments(0)   社会  このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
7/23

衆議院が7月21日に解散されて、第45回の総選挙は8月18日に公示、30日に投開票される事になりました。ということで唐突に、選挙に関連して私が投票という言葉を聞く際に良く思い出す概念を一つ。

ある世代の人が、自分一人が時間を削って投票に行こうとも選挙結果が変わる確率は限りなくゼロに近いので投票に行かないという合理的な選択(合理的棄権仮説)をその世代の多くの人が実行すると、その結果当選した政治家が投票率の低い世代の意見を反映するインセンティブが薄くなり、その世代が無視されやすいという事態に陥ります。こういったミクロ(個人)の視点では合理的な行動だけどマクロ(全体)の視点では損になる現象を「合成の誤謬」といいます。

さてこの話を聞いた際に、それならマクロ的な視点で損にならないように投票に行くのがいいのではないかと思い実行する人とそれでも自分一人が投票しなくても結果は変わらないのだからやっぱり投票に行かないという、結局は「投票に行くか行かないか」の二種類の人間に分かれることでしょう。

私の意見としては、若者は、選挙に行かないせいで、四〇〇〇万円も損してる!? (ディスカヴァー携書)などの各種言論を通じてある世代の選挙意識を向上させる事は大変素晴らしいくどんどん広がっていけば良い事だと思いますが、そう思う事と自分が実際に選挙に行って票を投じるかどうかという事は全く別の問題だと思います。という事なので私は気が向けば投票しに行くし、気が向かなければ結果が左右しないであろう一票を黙々と投じに行く事はないでしょう。

ところで、ある人が選挙に行かない際の理由として語られる言説に「こんな腐りきった政治になんか関心が無いから」だとか「自分には関係の無い事だから」などの類のそもそも政治に無関心だからという言説もありますが、この言説と合理的棄権仮説的な言説は明確に区別する必要があります。というのも、前者は政治を放棄した姿勢なので投票以外の政治参加もする事は殆どありませんが、後者は限りなく意味の無い一票を投じる事以外の何らかの方法で政治に参加する可能性があるからと言えます。もちろんその活動の過程で合理的棄権仮説的な考えを持っている人でも投票に参加する事はあり得るでしょう。

正直、ある世代(特に若者)の選挙意識を向上させるという事に賛成ならこんな文章は書かない方が良いのですが、特にこの文章を書いたからといって投票人口の1%の人の意識でさえも変える事が出来るわけでもないので個人的なスタンスとしてここに記しておきます。

(追記)
考えられる批判
若年層の政治参加:夜明けまで3時間
選挙権という当然の権利の行使すらしない(できない)人たちが、それ以外の何か画期的な(革命的な?)手段で世の中を変えるなんてことは、ほとんど夢想ないし妄想だと思う。

「AすらしないならばBは出来ない」という主張の殆どに論理の飛躍が見られる。この事は対偶を取って「Bが出来るならばAは(既に)している」としてみれば分かる。この条件が当て嵌まるのはBが出来るための前提として必ずAをしなければならない場合だけである。

ただこの種の主張を良い方向に煽るために恣意的に使うならば、状況によっては使った方が良い事もある。

(8/28追記)

続・選挙には行かないはてなブックマークコメントが面白かったので、コメントしてきた。

一票投じることで、全体の何パーセントにあたるかも把握してないのに過剰に「意味がある」とか信じちゃう男の人って・・・・投票していようが投票していまいが、実際に殆ど影響を与えることができない意見はどちらも自己満足だよ。

(8/30追記)

はてなブックマークTwitterなどで色々と投票に関するコメントを見て回りましたが、「投票しないなら政治に意見する権利は無い」「個人が投票する事に過剰に意味があると思っている」「国が駄目だからもう何しても無駄」あたりがよくある平均レベルの考え方かな。(もっと酷い意見には「選挙に行く奴(行かない奴)は〜だ」という人格批判もある)

上述の通り個人が投票に行こうが行くまいが結果が変わる事はまずないし、意見する権利は無いなんて妄言も聞く必要も全く無い。本当に政治に関心があるならば個人が投票する以上の行動を取って関わっていけば良いことだし、万人が政治に時間を割けるほどの興味も余裕も能力もあるわけでもない。

まぁ、今日が投票日でどうやら時間が取れそうなので、私は投票に行くことになりそうだけどね。

参照URL
コント「影響力」

若者は、選挙に行かないせいで、四〇〇〇万円も損してる!? (ディスカヴァー携書)
若者は、選挙に行かないせいで、四〇〇〇万円も損してる!? (ディスカヴァー携書)森川 友義

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2009-07-07
売り上げランキング : 186


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


サイト内検索
トラックバック
MenuBar2 (角沢研(仮)‐岡本倫 ノノノノ、エルフェンリートのファンサイト (PukiWiki/TrackBack 0.3))
歴史・平和ボケ・一つの結論方法・エルフェンリート
燃えよ剣(上)・(下) (おこって、おこって、ないて、わらって。)
燃えよ剣/司馬 遼太郎
トラックワード
あわせて読みたい


フィギュア動画