社会

日本国憲法は押し付けか、あるいは大正デモクラシーにその起源があるか

posted in 22:11 2009年11月29日 by 涼微
Comments(0) TrackBack(0)   書評・本  社会 このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
先日(いや先月か)、ぼくの血となり肉となった五〇〇冊 そして血にも肉にもならなかった一〇〇冊の「日本国憲法制定の系譜」を書評している箇所を読んでいてこんな文章を目にした。

p463 

槙原悦二郎という日本ではすっかり忘れさられている大正デモクラシー期の政治学者を掘り出して、これまでアメリカ側の日本国憲法初期起草者と目されていたボートン、バランタイン、アッチソンなど全員が、彼の著作から基本的な発想を得ていたことを証明して、日本国憲法の三大原理(ポツダム宣言の中核部分でもある)の平和主義、国民主権、人権尊重の起源が、実は日本の大正デモクラシー思想にあったことを明らかにした。槙原がなぜそれほど大きな影響を彼らに与えたかというと、彼の英文の著書『日本の政治的発展』(一九一0)が明治憲法体制を批判的に詳細総合解説し、日本を西欧流のデモクラシー国家にするためには、憲法のどこをどう直さなければならないかを英語で論じた唯一の書だったからだ。

(中略)

原の英文著書は日本にほとんどなく、日本で翻訳が出ていたら発禁確実の、体制批判の書だった。
槙原のこの研究によって、新憲法がアメリカの押しつけというより、大正デモクラシーの嫡子であったことが証明されたわけだ。挟では、憲法第九条の確かな起源が、実は、一九三0年に英訳で欧米に紹介されていた吉野作造の軍部批判論文にあったことなども指摘されている。

この日本国憲法制定の系譜の著者の原秀成は東京大学・大学院を出た後、イエール大学、メリーランド大学、国立国会図書館、国際日本文化研究センターで日米をまたにかけて研究を続けて(*1)、その英文資料の読みこなしが半端な量ではなく、それゆえ日本では忘れ去られている「槙原悦二郎」という政治学者を掘り出し、日本国憲法の起源を大正デモクラシーに見いだしたらしい。

さて、この本を詳しく調べようにもリンク先の通り第一巻の値段は8,925円で、おいそれと手を出せる値段ではない。(ちなみに全五巻の予定らしく現在第三巻まで出ている。)ここで、近くの図書館に所蔵してあれば一目見に行けるのだが、どうやら置いてないようである。

ということなので、憲法改正の際によく議題として挙がる「日本国憲法は押し付けかどうか?」という問題に興味のある人は、一つの切り口としてこの大正デモクラシー案を認識しておくために一見してみることを勧めておきます。

*1:http://aserve.procen.net/nippyo/writer/main.asp?No=588

書籍名 書籍名

東洋経済 統計月報12月号の統計メモ(アジア経済・有給・人事/労務・スポーツ・社会福祉・年金)

posted in 15:38 2009年11月13日 by 涼微
Comments(0) TrackBack(0)   経済・経営  社会 このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
東洋経済 統計月報 2009年 12月号
東洋経済 統計月報 2009年 12月号

東洋経済新報社の統計月報12月号でインターネットから引用されていた統計をいくつか抜粋してメモ。

http://www.adb.org/documents/translations/japanese/news/nr2009022-jp.pdf
2009年アジア見通し改訂版 - ADB(Asian Development Bank)

http://kanko-forum.net/main/2009/09/post-2f90.html
提言 「『休暇』から『休活』へ 〜 有給休暇の活用による内需拡大・雇用創出」- 観光地域経営フォーラム

http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2009/076.pdf
2009年人事・労務に関するトップ・マネジメント調査結果 - ニッポン経済団体連合会

http://aqwc.jp/corporate/news/news_20091009.pdf
20代・30代の働く男女400人に聞くスポーツ実態と意向 - 日本コカ・コーラ株式会社

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/gyousei/08/index.html
社会福祉行政業務報告(福祉行政報告例)- 厚生労働省

http://www.pfa.or.jp/jigyo/unyoshien/jittai/index.html
資産運用実態調査 - 企業年金連合会


選挙の投票に関する合成の誤謬と個人的なスタンス(追記あり)

posted in 04:03 2009年08月30日 by 涼微
Comments(0)   社会  このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
7/23

衆議院が7月21日に解散されて、第45回の総選挙は8月18日に公示、30日に投開票される事になりました。ということで唐突に、選挙に関連して私が投票という言葉を聞く際に良く思い出す概念を一つ。

ある世代の人が、自分一人が時間を削って投票に行こうとも選挙結果が変わる確率は限りなくゼロに近いので投票に行かないという合理的な選択(合理的棄権仮説)をその世代の多くの人が実行すると、その結果当選した政治家が投票率の低い世代の意見を反映するインセンティブが薄くなり、その世代が無視されやすいという事態に陥ります。こういったミクロ(個人)の視点では合理的な行動だけどマクロ(全体)の視点では損になる現象を「合成の誤謬」といいます。

さてこの話を聞いた際に、それならマクロ的な視点で損にならないように投票に行くのがいいのではないかと思い実行する人とそれでも自分一人が投票しなくても結果は変わらないのだからやっぱり投票に行かないという、結局は「投票に行くか行かないか」の二種類の人間に分かれることでしょう。

私の意見としては、若者は、選挙に行かないせいで、四〇〇〇万円も損してる!? (ディスカヴァー携書)などの各種言論を通じてある世代の選挙意識を向上させる事は大変素晴らしいくどんどん広がっていけば良い事だと思いますが、そう思う事と自分が実際に選挙に行って票を投じるかどうかという事は全く別の問題だと思います。という事なので私は気が向けば投票しに行くし、気が向かなければ結果が左右しないであろう一票を黙々と投じに行く事はないでしょう。

ところで、ある人が選挙に行かない際の理由として語られる言説に「こんな腐りきった政治になんか関心が無いから」だとか「自分には関係の無い事だから」などの類のそもそも政治に無関心だからという言説もありますが、この言説と合理的棄権仮説的な言説は明確に区別する必要があります。というのも、前者は政治を放棄した姿勢なので投票以外の政治参加もする事は殆どありませんが、後者は限りなく意味の無い一票を投じる事以外の何らかの方法で政治に参加する可能性があるからと言えます。もちろんその活動の過程で合理的棄権仮説的な考えを持っている人でも投票に参加する事はあり得るでしょう。

正直、ある世代(特に若者)の選挙意識を向上させるという事に賛成ならこんな文章は書かない方が良いのですが、特にこの文章を書いたからといって投票人口の1%の人の意識でさえも変える事が出来るわけでもないので個人的なスタンスとしてここに記しておきます。

(追記)
考えられる批判
若年層の政治参加:夜明けまで3時間
選挙権という当然の権利の行使すらしない(できない)人たちが、それ以外の何か画期的な(革命的な?)手段で世の中を変えるなんてことは、ほとんど夢想ないし妄想だと思う。

「AすらしないならばBは出来ない」という主張の殆どに論理の飛躍が見られる。この事は対偶を取って「Bが出来るならばAは(既に)している」としてみれば分かる。この条件が当て嵌まるのはBが出来るための前提として必ずAをしなければならない場合だけである。

ただこの種の主張を良い方向に煽るために恣意的に使うならば、状況によっては使った方が良い事もある。

(8/28追記)

続・選挙には行かないはてなブックマークコメントが面白かったので、コメントしてきた。

一票投じることで、全体の何パーセントにあたるかも把握してないのに過剰に「意味がある」とか信じちゃう男の人って・・・・投票していようが投票していまいが、実際に殆ど影響を与えることができない意見はどちらも自己満足だよ。

(8/30追記)

はてなブックマークTwitterなどで色々と投票に関するコメントを見て回りましたが、「投票しないなら政治に意見する権利は無い」「個人が投票する事に過剰に意味があると思っている」「国が駄目だからもう何しても無駄」あたりがよくある平均レベルの考え方かな。(もっと酷い意見には「選挙に行く奴(行かない奴)は〜だ」という人格批判もある)

上述の通り個人が投票に行こうが行くまいが結果が変わる事はまずないし、意見する権利は無いなんて妄言も聞く必要も全く無い。本当に政治に関心があるならば個人が投票する以上の行動を取って関わっていけば良いことだし、万人が政治に時間を割けるほどの興味も余裕も能力もあるわけでもない。

まぁ、今日が投票日でどうやら時間が取れそうなので、私は投票に行くことになりそうだけどね。

参照URL
コント「影響力」

若者は、選挙に行かないせいで、四〇〇〇万円も損してる!? (ディスカヴァー携書)
若者は、選挙に行かないせいで、四〇〇〇万円も損してる!? (ディスカヴァー携書)森川 友義

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2009-07-07
売り上げランキング : 186


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「美人記者」急増の危うさ……“体当たり”取材の功罪という記事を読んで思い出した文章

posted in 15:21 2009年07月20日 by 涼微
Comments(0) TrackBack(0)   社会  このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
「美人記者」急増の危うさ……“体当たり”取材の功罪 という記事を読んで、体を売ったら後々汚名が付いてまわるから気を付けたほうがいいよという記事の内容とは殆ど関係ないのだけど、続「超」整理法・時間編―タイム・マネジメントの新技法の中にあったこんな話を思い出した。

無能インタビューアを追い返す方法

A(記者) 「えーとですね。消費税のことで聞きたいんですけど」
N(野口氏) (「お話を伺いたい」といってほしいとこだな。ま、いいか。虚礼より、要は内容だ。)「はあ、消費税ですか。消費税がどうかしましたか?」
A 「ですからあ。消費税の問題点とかを」
N (出たな。文頭の「ですから」と文末の「とか」は、私の学生のは禁じているのだ。これに加えて「一応」が出たら、許さないぞ)「ほう、消費税の問題点ね。で、どんな問題点ですか?」
A 「ですからあ。逆進性とか、ありますでしょ」
N 「逆進性ですか。で、そのギャクシンセイってのは、何ですか?」
A 「!?……ギャクシンセイが何かって、……だから、ギャクになる」
N 「ギャクに?何が逆に?」
A 「だから、消費税が……」
N 「ほう、消費税が逆になりますか」
A 「いえ、そうじゃなくて……」
N 「あなた、インタビューするからには、消費税のこと勉強してきたんでしょう?」
A 「ええ。一応」
N (ついに出た)「一応って、それで逆進性の意味も知らないの?」
A 「いえ、つまり、その……でも、さっきから先生が質問してますけど、逆ですね」
N 「ほんとにそうですね。これが逆進性ですかね?」

寧ろ記者が優秀でない場合、このように取材の内容に関する無知さを堂々と晒してしまう事の方が問題があるのではないかと思いますが、そちらの教育はある程度しているという事なのかな?

記者ハンドブック第11版
記者ハンドブック第11版(社)共同通信社

共同通信社 2008-03-14
売り上げランキング : 3438

おすすめ平均 star
starブロガーもキーボードの横に

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



数日間の空白期間と★阿修羅♪

posted in 15:48 2009年04月28日 by 涼微
Comments(0) TrackBack(0)   日記  社会 このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
明日から何日間かインターネットを触れないかもしれない環境に移動だ〜

ところで、ここ数日は★阿修羅♪という知る人は知るであろうサイトにある文章を読み漁ったりしていました。

このサイトではあまり公には語られない事を扱った文章が多いのですが、もちろんここに書いてある文章全てを鵜呑みにするわけではないけれど、一般的にマスコミ等で大衆的に流布している情報よりはしっくりくる情報が多いのは確かだと思います。

というのも、私もぼちぼち懐疑的な精神を持っていてマジョリティな意見は無意識の内に疑ってしまうせいなのかもしれませんが。そしてさらに、このサイトを読んで疑うべき対象がもっと増えてしまいました(*1)。

このブログでも面白いなぁと思ったテーマを取り上げてみるのも面白いと思います。といっても深く隠されている社会的なテーマはかなりの推理力を必要としそうなので、身近で生活に役立ちそうなテーマが中心になると思いますけど。

*1:このサイトを読んでいると何が本当で何が本当ではないのかという事が対立軸が多すぎて色んな事について混乱してくるので、取り敢えず疑わしいものは疑ってみて、何が真実に近いのかという事について情報を最大限収集し自分で実際に行動して確かめるという事は人間の義務に近いことなのではないかとより一層考えてしまいました。


世界大学ランキング

posted in 17:43 2008年07月18日 by 涼微
Comments(0) TrackBack(0)   社会  このBlogのトップへ 前の記事 次の記事

世界大学ランキングのトップ100がこちらで紹介されている。
Times Higher Education - QS World University Rankings 2007 - Top 100 Universities

米国と英国の大学数が多く、日本は東京大学が17位、京都大学が25位、大阪大学が46位だ。

スコア算出方法は

研究者の評価(40%)・雇用者の評価(採用したい学生の出身大学)10%・教員数と学生数の比率(20%)・教員一人あたりの論文引用件数(20%)・外国人教員比率(5%)・外国人学生比率(5%)である。

一般的に人が大学の評価をするときは主観性が付きまとうのでので、たまにはこういった客観的な数字の評価を眺めてみるのも面白いのではなかろうか。


なぜ社会は厳しいか

posted in 11:53 2008年01月10日 by 涼微
Comments(0) TrackBack(0)   社会  このBlogのトップへ 前の記事 次の記事

こんなにも楽をして人生を過ごしたい人間で溢れ返っているのに何故社会は厳しいと感じられる場所であるのか。それは、平均的な人間が世の中の決め事をしているのではなく相対的に頭が良く努力した人間が世の中を主導しているからであり、そういった世の中を主導している側にとっては普通にこなしている事自体が、平均的な人間にとってはあたかも社会が厳しいと感じさせられる行為であるかのように感じる事に依拠している。

そう考えると、世の中が厳しくないように感じるにはどうすれば良いかが見えてくる。すなわち少しでも社会を主導している人間の水準に近づくか、あるいはそういった厳しいと感じる社会から引き篭るなどして逃げ出し、自分に都合の良い妄想の中で生きるかの二択しか選択肢はないであろう。

人気ブログランキングクリックお願いしますm(__)m




サイト内検索
トラックバック
MenuBar2 (角沢研(仮)‐岡本倫 ノノノノ、エルフェンリートのファンサイト (PukiWiki/TrackBack 0.3))
歴史・平和ボケ・一つの結論方法・エルフェンリート
燃えよ剣(上)・(下) (おこって、おこって、ないて、わらって。)
燃えよ剣/司馬 遼太郎
トラックワード
あわせて読みたい


フィギュア動画