スポーツ

カープ的視点からのセリーグ開幕!

posted in 03:13 2007年04月07日 by 涼微
Comments(0) TrackBack(0)   スポーツ  このBlogのトップへ 前の記事 次の記事

カープ2

 

 

 

 

 

わたしは生まれも育ちも広島なものでほぼ刷り込み的(そこに思考の余地は無い 笑)にカープファンになってしまったのですが、それはさておき今日は年に一度のセリーグ開幕日ですよそこの親父さん!

いやぁ、正直今年あんまり期待していないのでキャンプやオープン戦なんかもあまり気にしていなかったのですが開幕戦ぐらいはインターネットラジオで酒でも飲みながら聞こうかなと(ってやらねーのかよRCC!)

さて相手は阪神ということで、まぁ開幕投手の黒田対下柳ということだけで見たら勝てそうなのですが、

野球が始まるころに続く (3月30日)

とか、言いながら開幕から一週間程した今更になって更新するのがこのブログのテキトウクオリティー (笑

結局、開幕戦は何とか勝ったのですが、その後不振で2勝5敗の現時点最下位ということで、やはり今年も戦力が今一つですね ^^;(メンタルが弱く感じるのも毎度の事)

しかし、今年も球場に行って観戦しようという気にならんなぁ。何とかプレーオフに出れるように今後の奮起を期待したいものです。←定文的

それにしても、こういう場当たり的な記事は日が立つに連れて書く気が無くなるね。書き掛けにしておいて日が経っても書く気が起こるのが真に書きたい記事なのであろう。(結局カープの話題じゃ無くなってるし 笑)

人気ブログランキングぜひともクリックお願いしますm(__)mカープ

 

 

 



敗因と/金子 達仁・戸塚 啓・木崎 伸也

posted in 15:41 2006年12月26日 by 涼微
Comments(0) TrackBack(0)   スポーツ  書評・他サイト このBlogのトップへ 前の記事 次の記事


内容(「MARC」データベースより)
ドイツW杯、日本代表は内部崩壊していた! あの時日本代表内部に何が起こっていたのか? そして日本サッカーに未来はあるのか? 3人のスポーツライターが関係者を徹底取材し、真相に迫った書き下ろしノンフィクション。

項目
プロローグ 最期―2006年6月22日、中田英寿の動けなかった900秒。
第1章 愛憎―「やさしい人」が日本に与えてくれたもの。
第2章 団結―3人の男が背負い続けた、日の丸の誇り。
第3章 確執―「黄金世代」「海外組」とはなんだったのか?
第4章 七色―博徒ヒディンクの喜怒哀楽。
第5章 晩餐―ラスト・サパー ボン日本料理店ドキュメント
第6章 齟齬―ピッチ上で起こった、「自由」からの逃走。
第7章 消極―それでもプライドは捨てられない。
第8章 落涙―その気持ちで、と彼は言った。
第9章 敗因と―日本サッカーに、未来はあるか?

この本のおすすめ書評@ブログ

なんと予定表に出しただけである程度アクセスがあった本書!

ではお勧めの紹介ブログを見ていこう。

裏話
Macky's つれづれ日記


ジーコ・ジャパンの問題点
Surfin' Rabbit Station 番組Information


感想
フィールド上の些事争論


日本代表総括
Jefの勝手にやってます


好評につき追加

書評
KET SEE BLOG


主張
サッカー評 by ぷりりん


背景
パレットに微笑み、幸せのスケッチ


感想
mono+


ということで、ドイツW杯における日本代表の敗因が分かる一冊である。

日本代表の敗因を嘆きつつ人気ブログランキングに参加中。


サイト内検索
トラックバック
MenuBar2 (角沢研(仮)‐岡本倫 ノノノノ、エルフェンリートのファンサイト (PukiWiki/TrackBack 0.3))
歴史・平和ボケ・一つの結論方法・エルフェンリート
燃えよ剣(上)・(下) (おこって、おこって、ないて、わらって。)
燃えよ剣/司馬 遼太郎
トラックワード
あわせて読みたい


フィギュア動画