雑記・意見

コミュニケーション能力信仰と情報の信頼性

posted in 01:35 2008年12月22日 by 涼微
Comments(0) TrackBack(0)   雑記・意見  このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
本来、「コミュニケーション能力」などというものはそんなに大層なものではなく、簡単に言うと自分の意見を口頭で伝える能力の事ですから、言い方は悪いですけどそこら辺にいる頭を大して使っていると思えない兄ちゃんでさえも持っているものなのです。

それを少し話が上手くない人間に向かって殊更に「お前はコミュニケーション能力が無い」などと意見する人も多く存在します。そしてまさにその行為こそが、言われた本人に自分はコミュニケーションが出来ないのかと思い込ませ、更に話す事を億劫にさせてしまいます。しかしながらそういったコミュニケーション能力信仰とでもいったものに駆られている人間こそが、寧ろただ声が大きいばかりで実は大して内容のある事を言っているわけではないのです。そして、そういった信仰者に騙される人がまた多いので、声が大きければそれで良いと言った構図になってしまう。

この構造を知っているものは、コミュニケーション能力云々と声高々に主張している人間の怪しさを見抜いているわけです。

そして、この事を見抜いている人間は世の中には何人もいて、その内の何人かがブログなどのインターネットのコンテンツに「コミュニケーション能力」についての文章を記述したとします。その場合にその主張を読んでくれる人が多いコンテンツはどこなのかというと、有名なコンテンツや過去に様々な文章を積み上げているコンテンツという事になります。なぜなら彼らの文章には信頼性が有り訪問者も多いからです。

ですから、こんな辺鄙なところで「コミュニケーション能力」についての考察を説いてみたところで過去に膨大な面白い文章を積み上げている「ハックルベリーに会いに行く」さんには敵いもしないわけですね。

というような事をコミュニケーション能力という幻想:ハックルベリーに会いに行くという記事を見ながら思いついたので備忘録的に記録しておこう。

知識人のタイプの差

posted in 19:13 2008年12月12日 by 涼微
Comments(0) TrackBack(0)   雑記・意見  このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
結局、知識人にとっては一般民衆のその「愚かさ」ともいうべき部分をかなりの精度で的確に捉えている事でしょう。

そして、その「愚かさ」を知りながらも、毎日人と接していかなければならない。

そこで、知識人達はその愚かさに絶望して毒づいてしまうのか、それとも優しく教えてあげる事で人々に貢献する事が出来るか、二つのタイプに差があるとしたらこういう部分なのかな。

頭の良し悪しについての一文

posted in 17:04 2008年12月12日 by 涼微
Comments(0) TrackBack(0)   雑記・意見  このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
学校ってバカを治療してくれんのか:404 Blog Not Foundより
頭がどれだけ優秀か、というのは、どれだけのことを自分ごととして頭がとらえられるか、ということ。裏を返せば、それをどれだけ社会ごとという名の他人ごととして頭がとらえるかが、バカの度合いということ。

この文章は読んだ瞬間びっくりした程的確ですよね。自分で色々と考えて、そして色んな物事にどんどん関わっていく人と、一方で自分の不遇を別の何かのせいにして、そういった不遇具合の主張ばかりを繰り返す人。

この一文を頭に入れながら身近な人からメディアに出ている人まで色んな人を見渡せば、この二つのタイプの違う人間のその差異に少し寒気すら覚えてくる程です。そして、今このブログを読んでいる読者の方もこの所謂「バカ」と分類される方で無い事を切に願います。

就職活動を笑いに変えたい心理

posted in 01:57 2008年12月12日 by 涼微
Comments(0) TrackBack(0)   雑記・意見  このBlogのトップへ 前の記事 次の記事


さっきふと思いついた。要するにみんな不安に思っている事だから、やる夫やら何やらのキャラに実演させてみて、何とか笑いに転化させようとしている心理があるわけだね。

まぁしかし、実際いくら不安になっても自分の実力以上のものが出せる事は無いのだから就職に関する本でも色々読んでみて、そして自分に合った就活事例を調べて・聞いて現状の力を出していくしかないよね。

もしも、現状の自分が不満なのはそれは当たり前な事です。というのも、人間だんだん成長していくものだから、不満でないのならばずっと能力は変わらないままでしょう。そして仮に20歳前後という歳ならば、まだ人生60年近く残っているわけだからその不満を解消するように色々と、出来る事なら楽しみながらやっていくしかないでしょう。

というのも、不安や不満は人間を活力的に動かすために必要な心理的な「装置」だから、それらを必死に解消した先には必ず明るい事が待っているよ。

心の赴くほうへ

posted in 20:52 2008年12月08日 by 涼微
Comments(0) TrackBack(0)   雑記・意見  このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
人間、今やっている事が楽しければいくらでもやり続け、もし現状が不満ならそれを打破しようと試み続ける。

結局、頭でどうこう考えるよりも今すべき指針が勝手に心の中に浮かんでくるものなのだ。

もちろんその指針は、その人間が過去に関わってきた環境や味わってきた経験によって変わってくる。

しかしもし、それぞれ人間の「動き」に対応する感情を欠落してしまった時、その人間は自分の状況について考えるのをやめてしまう。

本を読まないで生きてきました?

posted in 12:44 2008年12月05日 by 涼微
Comments(0) TrackBack(0)   雑記・意見  このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
本を読まないで生きてきましたですって?めでたい頭だな。

俺なんか数百冊分の文章を読んでも分からない事だらけだぜ。

もし必要な事があれば人に教えて貰うだって?

自分に必要な事が自分が考えうる範囲で分かると思ってるの?

というか、他人が百パーセント完璧に教えてくれると思ってるの?

少しは自分の了見の狭さに気付け!

(いや、自戒的な意味合いで)

苦境を乗り越えられる人間と乗り越えられない人間の差

posted in 02:10 2008年12月05日 by 涼微
Comments(0) TrackBack(0)   雑記・意見  このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
そんな状況でも、他人のせいにせずに自分の状況を楽しみながら活動出来るかそうじゃないか、これは恐らく間違いないです。というか恐らく唯一の方法です。

もし疑うなら、ツイてる!等の斎藤一人氏の書籍や404 Blog Not Foundさんの赤木智弘たちに足りないもの - 書評 - 若者を見殺しにする国を読んでみると良いですよ。または、人が集まってコメントが盛んなブログとあまり人気のない愚痴ばかりのブログを比べながら眺めてみると良いです。

そして、成功者のふくよかな顔と苦しんでいる人の貧相な顔を思い起こしてみながら少し考えてみてください。

どちらの人間に豊かなアイデアが浮かぶと思いますか?そしてどちらの人間に人が集まりお金が集まると思いますか?

それでも、いやいやそんな単純な事じゃないんだと思っている人やそんな笑っている余裕なんて無いんだという人は残念ですけどご愁傷様だと思います。

逆に、あぁそういう事かと気付いた人は、明るく他人に慕われるような人間を目指してみると良いです。最初、成果が出なくてやめたくなっても続けるんです間違いなく人生は好転しますから。

今現在苦しんでいる人がいたらこの記事を元に考え方を変えて好転に向かってくれればいいですね。

もしかして偽善に見えるかもしれないですけど、暗くなりがちな世の中こういう事を伝達していくのが実はかなり大事な事なんじゃないかなと最近思っているんですよ。

サイト内検索
トラックバック
MenuBar2 (角沢研(仮)‐岡本倫 ノノノノ、エルフェンリートのファンサイト (PukiWiki/TrackBack 0.3))
歴史・平和ボケ・一つの結論方法・エルフェンリート
燃えよ剣(上)・(下) (おこって、おこって、ないて、わらって。)
燃えよ剣/司馬 遼太郎
トラックワード
あわせて読みたい


フィギュア動画