客観・感情・否定・肯定・創造 様々な立場から思考する デボノ博士の「6色ハット」発想法

posted in 21:43 2011年02月19日 by 涼微
Comments(0) TrackBack(0)   このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
six-thinking-hats-class-display


思考方法というのは古今東西様々な人々によって開発されているものですが、その中の一つに「デボノ博士の「6色ハット」発想法」というものがあります。

これは、下記に示すような六つの役割に分けた帽子を適宜かぶったものとし(実際に帽子を作ってかぶってもよい)それぞれの帽子の性質に従って思考を進めるというのものです。

(デボノ博士の「6色ハット」発想法より)
ホワイトハット…白は中立性、客観性を示す色である。このハットをかぶって発想したり、情報を提示するときは、事実や統計を重視し、客観的になることが要求される。お手本は、コンピュータ。

レッドハット…赤は怒りや恐怖、嫌悪などの感情を示す色である。このハットをかぶる人は、自分の感情や感覚、直感や予感、好み、美意識を重視してよい。

・ブラックハット…黒は暗く、否定的な色である。このハットをかぶった人は、どこが悪いか、間違っているか、あるいは不正確かなど、否定的な疑問、分析を重視し、リスクや危険性、欠点を論理的に指摘する。

イエローハット…黄色は、明るく、積極的な色である。このハットをかぶった人は、積極的、肯定的、建設的に発想する。楽観的な思考を重視し、希望、幻想、夢想なども含めて、前向きに価値判断する。

グリーンハット…緑色は、豊かさや成長を示す色である。このハットをかぶる人は、創造性と新しいアイデアを重視し、つねに前進することを試み、代替案を考えたり、挑発的に思考する。

ブルーハット…青は冷静で、すべてのものの上に位置する空の色である。このハットをかぶる人は、オーケストラの指揮者のように、他のハットの活用法やコントロール、抑制、思考プロセスの組織化などを志す。問題点を絞り、テーマを明確にし、結論を出す役割である。

この思考法を使用する利点は、意識的に複数の立場に分類しそれを利用することで建設的に議論や思考が進行することにあります。

例えば複数人で任意の議題に関して議論する際に、どの立場に立って発言をしたのかということを表明しないで全員が気の向くままに発言すると、ある個人が発言できる視点というのはその議題の中で一貫性を保つ必要があるため必然的に限られたものになり、また、そういった気ままに発言できる状況下で対立が生じた場合、相手の発言の意図が把握しづらいため、それらの意見を調整するのに時間が掛かり過ぎる場合があります。

一方で、上記に示された帽子をかぶり、どの立場に立っているのかということを先に明示的に示して発言した場合、一通りその立場からの発言を話し終えた後に違う立場に立って発言することが可能になり発言の一貫性を保つ必要が無く様々な視点からの発言ができるし、またある意見と違う意見が対立した場合、それぞれの意見がどの立場から発せられたのか事前に了解しているためそれらの意見を調整するのに前提や意図を確認する無駄な時間をかけずに済みます。

これは、個人レベルでも同様で、何らかのテーマについて考える際に、事前に6つの立場があることを了解して思考を進めることでその分考え方の幅が広がり、また、一度に異なる立場の考え方を同時に考慮しなくて済むため余計な頭の混乱を回避することが可能になります。

より詳しく知りたい人は日本語で書かれた関連情報はあまりないので、「six thinking hats」でググったらいいと思います。

ところで、この思考法について一つ気になっていることは、本書が日本語版で出版されたのは1986年。ということは、エドワード・デ・ボノ博士がこの思考法を生み出したのはそれより前ということになりますが、この20数年で脳科学や認知心理学など思考法に関連がある分野の研究はかなり発展しており、この思考法に対するそういった方面からの、例えば思考分類がそぐわないなどを理由としたアップデートはないものかと、多少英語文献を探したけど特に上記の方法を改良したものは見つからなかったことです。

とはいえ、この思考法を実際使うとある物事に対して一つの視点からしか見られない単眼的な思考から脱することが出来るので、興味があれば試してみると良いと思います。(他に、単眼的な思考法から脱する手引きとして知的複眼思考法という本がある)

知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ (講談社プラスアルファ文庫)
amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る


デボノ博士の「6色ハット」発想法について本を参考にしたい場合、日本語訳版は現在絶版なので、価格が高騰した場合は英語版をどうぞ。

amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る


Six Thinking Hats
Six Thinking Hats
Edward de Bono
generated by あま楽
amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る


会議に活用版

会議が変わる6つの帽子
会議が変わる6つの帽子
エドワード・デ ボーノ
generated by あま楽
amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る




スポンサーリンク


雑書文評記 TOPへ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
サイト内検索
トラックバック
MenuBar2 (角沢研(仮)‐岡本倫 ノノノノ、エルフェンリートのファンサイト (PukiWiki/TrackBack 0.3))
歴史・平和ボケ・一つの結論方法・エルフェンリート
燃えよ剣(上)・(下) (おこって、おこって、ないて、わらって。)
燃えよ剣/司馬 遼太郎
トラックワード
あわせて読みたい


フィギュア動画
ブログパーツ