消費低迷調査

posted in 16:53 2007年06月20日 by 涼微
Comments(0) TrackBack(0)   経済・経営  このBlogのトップへ 前の記事 次の記事

参考リンク

ニッセイ基礎研究所  消費者態度指数の低迷要因は何か?

みずほ総合研究所 個人消費低迷の要因を探る 

今現在も続いている戦後最長の景気回復に対する実感が一般の人々の間に浸透していないのは、消費が低迷しているからだと言われている。 では、なぜ消費は低迷しているのかその実態を調査してみることにする。

今回の消費の低迷はまず第一に賃金が伸び悩んでいる事にあると考えられるが、その通説としてよく言われている事は

  1. グローバル競争を意識した企業の人件費抑制 (グローバル競争説)
  2. 雇用形態の多様化による低賃金労働者の増加 (雇用形態多様仮説)
  3. 団塊世代の退職や新卒採用の拡大による年齢変化 (年齢構成変化説) 

が挙げらることが多いがその妥当性はどうであろうか。

通説以外の要因

賃金以外の要因

人気ブログランキングクリックお願いしますm(__)m





スポンサーリンク


雑書文評記 TOPへ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
サイト内検索
トラックバック
MenuBar2 (角沢研(仮)‐岡本倫 ノノノノ、エルフェンリートのファンサイト (PukiWiki/TrackBack 0.3))
歴史・平和ボケ・一つの結論方法・エルフェンリート
燃えよ剣(上)・(下) (おこって、おこって、ないて、わらって。)
燃えよ剣/司馬 遼太郎
トラックワード
あわせて読みたい


フィギュア動画
ブログパーツ