(雑記)分かりやすいホワイトカラーエグゼンプション(記事)

posted in 00:58 2007年01月09日 by 涼微
Comments(1) TrackBack(2)   社会  このBlogのトップへ 前の記事 次の記事

今日は、今話題のホワイトカラーエグゼンプションについて見ていくことにしよう。

概要

 ホワイトカラーエグゼンプションとは、ホワイトカラー(主に事務に従事する人々)における法定労働時間規制を無くし、残業等の手当てを無くそうという制度のことである。

背景

なぜ、この様な制度を実施しようかとしているかというと、ホワイトカラーの賃金においては、時間に比例して払われるのではなく、能力・成果に応じて払われるべきだ、という昨今の流れに乗って浮上してきたものである。

肯定・批判

この制度を主に肯定しているのは、雇う側であり、主に批判しているのは、雇われる側である。 肯定的な意見としては、残業や休日における手当てを払わなくてもよくなり、人件費を削減することによって、競争力を維持することが出来るという思惑がある。また、時間という概念ではなく、成果によって評価を行うので、公平であるという見解に立っている。さらに、安倍晋三内閣総理大臣も、「残業代が出ないのだから従業員は帰宅する時間が早くなり、家族団らん増え少子化問題も解決する。という見解を示している。

批判的な意見としては、残業・休日出勤をしても賃金が払われないことにより、長時間労働を助長することで、今までより家で過ごす時間が減るのではないかという意見が大半を占めている。

私的意見

調査不足のきらいはあるが、そもそも、賃金を時間に比例して払われるのではなく、能力・成果に応じて払われるべきという背景から、ホワイトカラーに対する賃金手当をなくすという対応は間違っている。能力・成果に応じて払われるべきというのなら、難しい問題だが、適切な能力における判断基準を構築して、また企業内で評価を率直に話し合える公平な環境を作ることで、成果主義を導入することの方が先であるはずではないだろうか。

また、ホワイトカラーエグゼンプション自体は、別に悪い制度ではないのだが、適用する側が悪用しないようにある程度のラインを設けないとただの悪法になってしまう懸念がある。例えば、超過労働への対処策については、基本的に個々の企業の問題としていると書かれている。しかし、賃金を払わなくてもよくて、超過労働を認めるのなら、道徳的なインセンティブが働かない限り、労働時間に際限がなくなってしまうことになるが、これに対しての対応はなされないのだろうか?

さらに、労働者に適用する条件は、「(1)労働時間では成果を適切に評価できない業務(2)権限と責任を相当程度伴う地位(3)仕事の進め方や時間配分に関して上司から指示されない(4)年収が相当程度高い──の4条件を満たす労働者に限定する」と書いてあるが、これではまだ曖昧すぎて、適用者がほぼすべてのホワイトカラーに及ぶのか、それとも一部に限られるのかがいまいち分からない。

まだ、これからニュースで取り上げられると思われるので、今後の動向に注目である。

人気ブログランキングぜひともクリックお願いしますm(__)m 

ソース

野石龍平の人事/ITコンサル徒然日記

iza

sons and daughters -blog-

IT media News

保坂展人のどこどこ日記





スポンサーリンク


雑書文評記 TOPへ

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ホワイトカラー・エグゼンプション導入に断固反対!  [ sons and daughters -blog- ]   2007年01月14日 23:39
ある会社にAさんとBさんがいます。Aさんはある業務を効率的に行い、定時より30分遅れの18:30に退社しました。一方、Bさんも同じ業務を行っていたが、あまり効率が良くなく、3時間残業し21:00に退社しました。このとき、効率
2. ホワイトカラーエグゼンプション  [ りゅうちゃんミストラル ]   2007年01月18日 07:16
最近話題のホワイトカラーエグゼンプション。  エグゼンプション(exemption)とは免除、除外のこと。一部の労働者に対しては労働時間規制を適用免除するという制度。日本経団連:ホワイトカラーエグゼンプションに関する提言 私はこの制度に対して以下のような疑問点...

この記事へのコメント

1. Posted by 涼微   2007年01月18日 07:47
雑記ホワイトカラーエグゼンプションへのトラックバックありがとうございます。

今後ともよろしくお願い致しますm(__)m

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
サイト内検索
トラックバック
MenuBar2 (角沢研(仮)‐岡本倫 ノノノノ、エルフェンリートのファンサイト (PukiWiki/TrackBack 0.3))
歴史・平和ボケ・一つの結論方法・エルフェンリート
燃えよ剣(上)・(下) (おこって、おこって、ないて、わらって。)
燃えよ剣/司馬 遼太郎
トラックワード
あわせて読みたい


フィギュア動画
ブログパーツ