手紙/東野 圭吾

posted in 02:07 2006年12月08日 by 涼微
Comments(2) TrackBack(0)   小説  書評・他サイト このBlogのトップへ 前の記事 次の記事


あらすじ(「BOOK」データベースより)
強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷な現実。人の絆とは何か。いつか罪は償えるのだろうか。犯罪加害者の家族を真正面から描き切り、感動を呼んだ不朽の名作。

この本のおすすめ書評@ブログ

手紙/東野 圭吾 (ぽーたる)

批判意見
僕らのステキ☆


あらすじ
だてBLOGスタッフ推薦!読書のすゝめ


内容・意見
晴読雨読:手紙(東野 圭吾 著) - livedoor Blog(ブログ)


感想
江戸川崇の『俺の胸で泣けばいい』:手紙 - livedoor Blog(ブログ)


一言
手紙というものはかさばるものだね!

ランク←協力お願いしますm(__)m






スポンサーリンク


雑書文評記 TOPへ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by mask   2006年12月13日 00:31
5 ブログのご紹介をいただき、ありがとうございました。

「加害者の家族のその後」なんて考えたこともなかったので、読んだときは結構ショックを受けましたが、この本の通りしかたのないことなんでしょうね・・・。

応援クリックしていきますね!
2. Posted by 涼微   2006年12月13日 01:52
5 ありがとうございますm(__)m
こちらからもクリックしておきました。

確かに、加害者の家族のその後の事はそうそう考えれるものじゃないですよね。
自分の身近に、そういう人がいない(表に出てない)ことがその要因かもしれませんね。
まぁ、そんなに簡単にいても問題ですけど…

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
サイト内検索
トラックバック
MenuBar2 (角沢研(仮)‐岡本倫 ノノノノ、エルフェンリートのファンサイト (PukiWiki/TrackBack 0.3))
歴史・平和ボケ・一つの結論方法・エルフェンリート
燃えよ剣(上)・(下) (おこって、おこって、ないて、わらって。)
燃えよ剣/司馬 遼太郎
トラックワード
あわせて読みたい


フィギュア動画
ブログパーツ