2013年12月

ソマティック・マーカー仮説と意思決定について/感じる脳 情動と感情の脳科学 よみがえるスピノザ

posted in 22:38 2013年12月29日 by 涼微
Comments(0) TrackBack(0)   書評・本  科学・数学 このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
感じる脳 情動と感情の脳科学 よみがえるスピノザ
amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
ブックオフオンラインで中古品を見る


情動と脳科学といえば、エモーショナル・ブレイン―情動の脳科学という本があり、個人的にも読むだろう候補なんだけれども、ふと感じる脳 情動と感情の脳科学 よみがえるスピノザが目に入ったので、ぱらぱらっと読んだ。

まず、筆者のダマシオが本書で語る情動や感情という言葉は一般的・辞書的に考えられている(急激で強いものは情動、そうでないものは感情)ものと違って、下記のようなものらしい、

p4
それらは「生命調整」という、有機体のもっとも重要な、そしてもっとも基本的なプロセスの中でいわば因果的につながっていて、情動は「身体」という劇場で、感情は「心」という劇場でそれぞれ演じられる。たとえば、われわれが何か恐ろしい光景を目にして恐れの「感情」を経験する場合を考えてみる。その場合、体が硬直する、心臓がドキドキする、といった特有の身体的変化が生じるが,身体的変化として表出した生命調整のプロセスが、ダマシオの言う「情動」(この場合は「恐れの情動」)だ。一方、脳には、いま身体がどういう状態にあるか刻一刻詳細に報告され、脳のしかるべき部分に対応する「身体マップ」が形成されている。そしてわれわれが、その身体マップをもとに、ある限度を超えて身体的変化が生じたことを感じるとき、われわれは「恐れの情動」を経験することになる。

続いて、「ここで重要なのは、一般的に考えられている順序とは逆で、『怖いと感じるから、その結果として身体が硬直したり心臓がドキドキしたりする』のではなく、『怖いものを見て特有の身体的変化が生じるから、「そのあとに」怖さを感じる』のである。」

という趣旨のことが書いてあるが、「感情より身体的な反応が先にくる」という説はここ数年けっこう聞くようになっていると感じるのだが、と思って出版年を確認したら2005年に出版された本だったので、この本が原書で書かれた当時はあまり語られてなかった仮説なのかもしれないと思うなど。

ところで、先の引用に書かれている「身体マップ」といえば、脳の中の身体地図―ボディ・マップのおかげで、たいていのことがうまくいくわけという本もあり、これを読むことにより言ってることの理解が深まるのかも。

本題に戻って、生命の維持のために有機体には「ホメオスタシス調整」という機能が備わっているが、ダマシオはその進化的にもっとも高い(新しい)レベルの調整機能が感情であり、そのすぐ下にあるものが情動であると考えている。これはつまり、ゾウリムシなどの単細胞生物にも見られるダマシオの言う身体的な情動反応から、高等動物や人間に見られる感情反応まで、それらは生命維持のためのホメオスタシス調整機能として働いているということになり、情動や感情の役割について考える際の基盤になる。

そうして、こういった役割から推論してダマシオが生み出したのが「ソマティック・マーカー仮説」で、引用すると次のようなものである。

p7
われわれの日常生活は、「さて、つぎはどうするべきか?」という、考えられる多数の選択オプションの中から妥当なものを一つだけ選択する「意志決定」の連続からなっている。普通、最善の意志決定は「合理的、理性的」になされると考えられるが、ダマシオはそうは考えない。もしわれわれが多数のオプションを一つひとつ合理的に検討し、そうやって最善の一つを選択しているのだとすると、あまりにも時間がかかりすぎるからだ。実生活において妥当な選択が比較的短時間でなされるのは、特定のオプションを頭に浮かべると、たとえかすかではあっても体が反応し、その結果たとえば「不快な」感情が生じ、そのためそのオプションを選択するのをやめ、こうしたことがつぎつぎと起きて、多数のオプションがあっという間に二つ、三つのオプションまで絞り込まれるからであり、合理的思考が働くのはそのあとのこと、とダマシオは考えている

意志決定の際の、合理的な判断が下される前に感情的な判断がなされる時点においてその基準になるのは過去の経験で、次のような過程で形成される。

p8
過去にわれわれがオプションXを選択して悪い結果Yがもたらされ、そのために不快な身体状態が引き起こされたとすると、この経験的な結びつきは前頭前皮質に記憶されているので、後日、われわれがオプションXに再度身をさらすとか結果Yについて考えると、その不快な身体状態が自動的に再現されるからだという。

ソマティック(somatic)には身体のという意味があり、Somatic markerを訳すと過去の選択から引き起こされた感情が身体(somatic)にmarker(標識)として埋め込まれるぐらいの意味なんだろうと思う。ソマティックマーカー仮説について、日本語の情報はあまりweb上に存在していないけど、英語情報ならwikipediaのSomatic markers hypothesisなどがあり、進化論的な証拠についてやソマティックマーカー仮説に関する実験のアイオワ・ギャンブリング課題(Iowa Gambling Task)が載っている。

さて、ここまで書いたことについて簡単にまとめると、ホメオスタシス調整としての機能を持つ身体的反応としての「情動」と心の反応としての「感情」があり、情動反応によって生み出される感情は、一度起こった身体的な反応に対する快/不快を記憶し、次回同様な身体的な決定事項の際に、感情が呼び起こされ意志決定の際の重要な基準になるということになる。

ところで、合理的・感情的な意思決定について考える際に、最近では行動経済学のフレームークが使われることが多いけれども、行動経済学以前の前提である感情を無視して人は合理的な選択をするものだという前提を現実の個人に当てはめて考えてみると、人は集めなければならない情報の多さに辟易してまうだろう。だから、擬似的に合理的に選択するための基準として心理学用語としてのヒューリスティック(暗黙のうちに用いている簡便な解法や法則)を用いることがあるが、ソマティックマーカーを用いた意思決定はこういったヒューリスティックの中の「感情ヒューリスティック」に類似しているなと思った。

心理学と意思決定を絡めた本で言えば、例えば印南 一路氏のすぐれた意思決定―判断と選択の心理学があり、他に類書はないかなと思って探すと、行動意思決定論―経済行動の心理学という本が中々面白そうで興味をかき立てたてられる。

とまぁ、色々と話題が飛んだわけだけれども、本日の情報探索行動はこの辺にて。感情/情動/脳/意思決定を高いレベルで結びつけたら、日常的な範囲においても色々と応用できて普段の行動過程について再考できるので面白かったりする。

Twitterユーザーなら持っておきたい!つぶやくだけでポイントが貯まるJMBローソンPontaカードとは?

posted in 22:38 2013年12月29日 by 涼微
Comments(0) TrackBack(0)   このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
クレジットカード

クレジットカードを選ぶ基準は、使いやすさやデザインなど人によって様々あると思いますが、やはり一番重視したいのは「自分にとって一番ポイントが貯まるクレジットカードはどれか?」ということではないでしょうか?

この記事では、そのようなポイントを貯めることが最優先という願望を持っているTwitterユーザーにオススメのJMBローソンPontaカード(以下、Pontaカード)について書いていきたいと思います。

なぜTwitterユーザーはPontaカードでポイントが貯まりやすいのか?


では、なぜPontaカードがTwitterユーザーにお勧めなのでしょうか?その理由は、PontaカードとTwitterが提携して度々ポイントが貯まるキャンペーンが行われるからです。

例えば、7月に行われたキャンペーンは「ハッシュドポンタ(現在は終了しています)」キャンペーンといって、Pontaカードを持っている人は簡単なエントリーをした後にハッシュタグを付けてつぶやくと、総額で30万Pontaポイント(抽選で100名に1000Pontaポイント・先着4万名に5pontaポイント)を貰えるキャンペーンが開催されていました。

また、8月には「HIS 夏旅tweetキャンペーン(現在は終了しています)」として理想の旅についてハッシュタグを付けてつぶやくと、抽選で500人に100Pontaポイントが当たるというキャンペーンが開催されていました。

以上のようなキャンペーンがこれからも実施される予定ですので、Twitterユーザーの方はPontaカードを持っておくと、ポイントを貰えるキャンペーンにすぐさま応募することができます!

Pontaカードの年会費、ポイントが貯まる・使える提携企業、ポイント還元率について


持っておいて損はないと言っても年会費などの諸々の費用が掛かってしまいますと、いくらポイントが得られてもトータルでマイナスになってしまいます。

その点、Pontaカードは年会費が無料なので心配いりません。

また、TwitterのキャンペーンでPontaポイントを貯めても使いどころがなければ、宝の持ち腐れになってしまいますが、Pontaカードは提携企業が多く貯めたり使ったりする場所について心配することはさほどありません

例えば、みなさんがよく利用しそうな企業として、ローソンやケンタッキーフライドチキン、GEOなどでポイントを使うことも貯めることもができますし、その他にもJALとも提携していますのでPontaポイントをマイルにすることもできます。

詳しくはポイント提携企業一覧で見ることができます。

他にも気になるのはポイント還元率だと思いますが、まず提携企業でPontaカードを使ってお買い物をすると100円ごとに1ポイントから多いところで3ポイントと1〜3%のポイント還元があり、それに加えてクレジットカード利用分1000円ごとに5ポイント、つまり0.5%のポイント還元がありますので、合計で最低でも1.5%の還元率となります。

通常のクレジットカードは大抵1%以下のポイント還元率なので、Pontaカードと提携している企業での支払いはポイント分がお得にショッピングができ、持っておいても損のないカードと言えるでしょう。

お申込みはこちらからが素早く便利です! ↓

JMBローソンPontaカードVisa カード

認知的不協和と不快な認知のゆがみを低減・解消させる5つの方法

posted in 22:38 2013年12月29日 by 涼微
Comments(0) TrackBack(0)   哲学・心理  このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
説得と影響―交渉のための社会心理学
amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
ブックオフオンラインで中古品を見る


「認知的不協和理論」とはレオン・フェスティンガーが発見した概念で、「認知」(自己と自己の周囲に関する信念、態度、意見など)が「不協和」(ある二つの関連する認知要素のうち、一つの認知要素からもう一つへの認知要素への帰結が矛盾する状態)なとき、人はその不快な認知のゆがみを低減または解消するために、認知に一貫性を保とうと努力する心理作用のことです。

例えば、このページにいくつか例が載っている中から煙草の例を使用すると、

煙草には害があるのでやめた方が健康によいという認知

自らすすんで病気にはなりたくないが簡単には煙草をやめられないという認知

という二つの認知にゆがみが生じて不快な気分になります。

もう一つ挨拶の例を取り上げると、

自分はあいさつした親友とは仲が良いと思っているという認知

仲が良いならあいさつを返してくれるはずだが返してくれなかったという認知

という二つの認知にゆがみが生じます。そして認知にゆがみが生じた時、人は何らかの方法を用いて認知に一貫性を持たせ安定状態にさせようとします。

その認知を安定状態にするために認知的不協和を低減・解消方法の5つのパターンが説得と影響―交渉のための社会心理学に掲載されていたので、ここに書き出してみます。

(1)自己の態度を変化させる

(煙草の例)煙草を吸わないようにする
(挨拶の例)相手の機嫌が悪かった等の理由で親友でもあいさつを返さないこともあると認知する

(2)他者に働きかけて他者の態度を変える。

(煙草の例)煙草は健康に良いという調査結果が出るように調査を要求する
(挨拶の例)今度はあいさつを返してもらえるようにもう一度あいさつをする

(3)その問題自体を忘れてしまう。

(煙草の例)煙草は健康に良いか悪いかということを忘れ去る
(挨拶の例)あいさつを返してもらえなかった問題を忘れ去る

(4)その問題を自分とは無関係のものにしてしまう。

(煙草の例)健康問題は自分には関係ないこととする
(挨拶の例)あいさつを返してもらえようともらえまいと自分には関係ないことにする

(5)認知(選択肢)間の魅力の格差を増大させる。

(煙草の例)煙草を吸うことは素晴らしいことであるという情報を集め、悪影響を及ぼすという情報を無視する
(挨拶の例)あいさつした自分の素晴らしい点と、あいさつしなかった相手の駄目な点を考え、あいさつを正当化する



例によっては、多少無理のある方法もありますが、認知的不協和を低減・解消させる基本的な5つのパターンは上記の通りになります。

この5つのパターンの中で複数の選択肢から何らかの選択する場合の認知的不協和を低減・解消させるために起こりやすいのが、5番目の認知(選択肢)間の魅力の格差を増大させるで、その場合選択したことに対する魅力的な情報を納得がいくまで収集し、選択しなかったことに関する情報は可能な限り無視する等の方法により自分が選択したことを正当化しようとします。

そして、選択的な判断が要求される場合の認知的不協和の強度は次の3つの要因により決定されます。

(1)選択肢の相対的魅力

一般的に選択は魅力の大きい方を選ぶべきであるという仮定が成り立っているので、選択肢間の魅力が同程度、もしくは選択しなかった方が魅力的であると不協和は大きくなる。

(2)問題解決の重要性

選択する人にとって重要な問題であるほど,選択後の不協和は大きくなる。例えば、就職する会社を決める選択と晩ご飯に何を食べるかという選択では問題の重要度が大きく異なる。

(3)選択肢間の認知的重複

選択肢の認知が重複していない方が不協和は大きくなる。例えば、大学卒業後に就職するか大学院に進学するかという決定は、どの大学院に進学するかという認知が重複した選択より不協和は大きくなる。



認知的不協和は日常的によく起こるものなので、その性質と基本的な低減・解消方法を知っておくと、認知的不協和が起こっている状態に自覚的になり、その場合の対処も立てやすくなると思います。



サイト内検索
トラックバック
MenuBar2 (角沢研(仮)‐岡本倫 ノノノノ、エルフェンリートのファンサイト (PukiWiki/TrackBack 0.3))
歴史・平和ボケ・一つの結論方法・エルフェンリート
燃えよ剣(上)・(下) (おこって、おこって、ないて、わらって。)
燃えよ剣/司馬 遼太郎
トラックワード
あわせて読みたい


フィギュア動画