2007年12月

助言的限界

posted in 13:46 2007年12月22日 by 涼微
Comments(0) TrackBack(0)   雑記・意見  このBlogのトップへ 前の記事 次の記事

 例えばある質問者が、「何々大学に入るにはどれぐらいの水準の学力に到達すれば良いですか?」という質問をしたとする。そして、回答者がその質問に対する適正な答えを提示したとして、質問者がその水準に辿り着くために努力したとしよう。しかし、そこにはある程度の限界が見え隠れする。というのも、第一に人間がある水準を目指して努力した場合の一般的性質として、その水準に届く前に満足してしてしまうという場合の方が多いと思われるからであり、第二に仮にその水準に到達したとしてある大学に受かったとしても、良くてその合格者の中で中間程度の成績でしかない事が多々あるからである。

人気ブログランキングクリックお願いしますm(__)m



興味の道筋

posted in 13:49 2007年12月20日 by 涼微
Comments(0) TrackBack(0)   雑記・意見  このBlogのトップへ 前の記事 次の記事

情報の欠如・思想の相違(凝固) 

   ↓

理解できない 
         → 興味が無い (分からない)
面白くない  
                 ↓

            絶対劣位  (比較劣位) 
                                  
                 ↓

        (誤謬率の高さから)権限の破棄 (諦め)

この考えだと虚無主義的生き方の限界を感じる。

ただし、興味が無くても出来る人はこの限りでは無い。(恐らく小数点の確立だと思われるがはっきりした確率は不明)           

人気ブログランキングクリックお願いしますm(__)m



サイト内検索
トラックバック
MenuBar2 (角沢研(仮)‐岡本倫 ノノノノ、エルフェンリートのファンサイト (PukiWiki/TrackBack 0.3))
歴史・平和ボケ・一つの結論方法・エルフェンリート
燃えよ剣(上)・(下) (おこって、おこって、ないて、わらって。)
燃えよ剣/司馬 遼太郎
トラックワード
あわせて読みたい


フィギュア動画