2007年10月

歴史・平和ボケ・一つの結論方法・エルフェンリート

posted in 07:18 2007年10月13日 by 涼微
Comments(0) TrackBack(1)   雑記・意見  日記 このBlogのトップへ 前の記事 次の記事

歴史

自国の歴史もろくに知らない奴は非国民である。(まぁ自分もまだまだ甘いけど)

しかし、「その時歴史が動いた」は面白いね。NHKには他にも面白そうな番組はあるにはあるけど、テレビ見ると言ったらこれと「たかじんのそこまで言って委員会」ぐらいだから、このためだけに受信料払ってるようなものだもんなぁ、、、

平和ボケ

ネット回ってると如何に情報規制によって上辺のみの平和が報道されているか思い知らされるね。マスメディアでは放送できないような代物がいくらでも転がっている。まぁ、さすがにろくな判断力を持たない未成年に見せるのはまずい物もあるが、成人したらある程度世界中の情勢・惨劇を知っておくべきでは。

一つの結論方法

ある散々考えてもどうしても解決出来ない議題を取り敢えず所与のものとして処理する(どうしようもないのでメタレベルの議題とする)行為は意外と究極的な結論の付け方らしい。(事柄によっては思考停止と混同されるが)

エルフェンリート elfen lied

これは面白い!(この手のアニメが駄目な人は第一話でアウトだろうけど)暇があったら「lilium」の意味分析や原作も読んでみたいものだ。

やはり、人間の本質的な部分を描こうと思ったらある程度放送コードすれすれの要素を活用するのも有りだと思うのだが、どうも(ろくに内容を見てもいない場合が多い)規制派がある一定数存在するらしい。確かに頭がおかしい奴が放送コードにひっかかる作品を見て絶対に同様の行動を起こさない確信はないが、そういう奴は今の時代ネットで意地でも探すだろうし、現実的には異常思考の持ち主が世界から撲滅する事は有り得ない。(それでも最大限の規制をするかどうかは確かに別の話だが)

人気ブログランキングクリックお願いしますm(__)m



サイト内検索
トラックバック
MenuBar2 (角沢研(仮)‐岡本倫 ノノノノ、エルフェンリートのファンサイト (PukiWiki/TrackBack 0.3))
歴史・平和ボケ・一つの結論方法・エルフェンリート
燃えよ剣(上)・(下) (おこって、おこって、ないて、わらって。)
燃えよ剣/司馬 遼太郎
トラックワード
あわせて読みたい


フィギュア動画