2007年09月

小麦粉・安部首相・scool days・英単語・tabooinmedia2ch・犯罪可能性・日銀

posted in 01:16 2007年09月14日 by 涼微
Comments(1) TrackBack(0)   雑記・意見  日記 このBlogのトップへ 前の記事 次の記事

小麦粉( ゚Д゚)うまー

ここ最近、小麦粉の旨さと調理の手軽さに気付いてから、間食はパン(食パン)、夕食はスパゲッティと小麦粉系統の食品ばかり主に食している。しかし、日本は食料自給率がカロリーベースで39%と絶望的に低いので自国で生産している米中心の食生活に戻した方がいいんだろうなぁとは思うが、まぁ小麦粉に飽きたら自然に戻るだろう。何といっても秋と言えば、秋刀魚など米に合う食べ物が色々出てくるからね。

しかし、農林水産省も「政治とカネ」問題などで食料自給率の対策どころじゃないだろなぁ、、、

安部首相辞任

最初見た時は冗談かと思ったぐらい中途半端なタイミングですね。テロ特措法は仮に参議院で否決されても対応できるシナリオが出来ていたので、せめて法案を一段落つけて辞職するのならまだ分かる気もするが、このタイミングで辞職という事は本当に精神的に参っていて、国会審議を続ける気力が無いくらいに健康が優れないんだろう。

しかし、今回はあからさまに反対勢力がひどいとは言っても、批判はどの政権でもあるんだから、それに対して前首相みたいにさばさばした態度で接すれば良いのになぁと思うが、それが出来なくて体調を崩したのは、恐らく良く言えばまじめな人で悪く言えば経験が浅かったんだろう。

それにしても、テロ特措法はせっかく有難がられているのだから、次の首相はどうにかして外交カードとして使う道を模索して欲しいものだ。それを機に外交優位な国に…ってそれはなかなか難しいか。

school days

次週最終回 誠\(^o^)/オワタ

英単語

それにしても、文章をすらすら読むのに必須な単語数多すぎるから、単語間でなんらかの法則を見出さないときりが無いだろうとは思うけど、その法則を例えば語源で探ってみても、確かに有効性はあるが、日本人的感覚からするとなんだかこじ付けっぽく見えるのが多いのは文化の違いだろうか。

tabooinmedia2ch

恐らく嘘も混じっていると思うが、裏ではこの様な日常平和に生活している範囲では想像は出来ても直面する事がないような話が多分いくらでもあるのだろう。また、このページは端から嘘丸出しの話が多い都市伝説系のサイトと違って真実味がある話がぼちぼちあるから面白い。

犯罪可能性
(たかじんのそこまで言って委員会2005.11.27 より)

上智大学名誉教授の福島章教授によると犯罪を犯す可能性がある脳を持つ人間はおよそ百人に一人いて、さらにその中から周りの環境などの悪要因が組み合わさって実際に犯罪を犯す人間はおよそ四百人に一人いるらしい。

番組で辛抱さんも散々「恐ろしいですねぇ」と言っていたが、確かに仮に全国民が脳の検査を義務付けられて、そのような脳を持った人間に隔離に準ずる処分が下され、果ては差別に近いところまでいく事になると思うと恐ろしい。しかし私的には、検査に対する認知度が高まったら将来的に義務付けに近いところまでいくような気がするがどうなるのだろう。

BOJ is worst communicator
http://search.japantimes.co.jp/rss/nb20070911a4.html  (The Japan Times)

まぁ、この4銀行ではねぇ…

人気ブログランキングクリックお願いしますm(__)m



サイト内検索
トラックバック
MenuBar2 (角沢研(仮)‐岡本倫 ノノノノ、エルフェンリートのファンサイト (PukiWiki/TrackBack 0.3))
歴史・平和ボケ・一つの結論方法・エルフェンリート
燃えよ剣(上)・(下) (おこって、おこって、ないて、わらって。)
燃えよ剣/司馬 遼太郎
トラックワード
あわせて読みたい


フィギュア動画